DOTを知る

本部長メッセージ

DOTワールドは治験や治験以外の臨床研究を品質とスピードの両面でサポートしており、
大手製薬メーカーやバイオベンチャーの企業、そして医学界からも要請をいただいております。

サポートしているのは医薬品、医療機器および再生医療等製品と幅があり、全社を挙げて要請に
応えています。その結果、DOTワールドでは様々な形で社会に貢献することでき、
社員はそれをやりがいにしています。

医療を通じて社会に貢献したい、その想いが強い方とお会いできることを楽しみにしています。

守田武夫:クリニカルオペレーション本部長 兼 モニタリング部長

[Profile] 1983年山之内製薬株式会社(現 アステラス製薬)臨床開発部入社。2011年1月 アステラス製薬株式会社 臨床開発第一部長就任。2013年4月株式会社クリニカルトラスト臨床開発本部長(現CACクロア)、2014年4月同取締役執行役員 臨床開発本部長、2017年3月DOTワールド入社




DOTワールドにはモニタリング部門以外にデータサイエンス、メディカルライティング、薬事、
安全性情報など、治験をワンストップでサポートできるクリニカルサイエンスという組織体制があり、
様々なキャリアに挑戦することができます。

人は挑戦することで成長できます。私どもはその成長を支援し、その結果として会社の成長に繋がると
考えています。

多様なキャリアを積みたい、または一つの仕事でプロになりたいなど、あなたが描く理想のキャリアプランを
DOTワールドで実現してみませんか。

末吉俊幸:クリニカルサイエンス本部長 兼 クリニカルサイエンス部長

[Profile] 1985年山之内製薬株式会社(現 アステラス製薬)入社。複数のプロジェクトで臨床開発業務、人事マネジメントに従事。国内外の共同開発先・導入元、そして治験先の医療関係者・Key Opinion LeaderやCRO・SMO・検査会社と連携。日本アジア臨床開発部長を経て2017年4月DOTワールド入社

MENU